矯正歯科治療

健康寿命と歯

今後、日本でますます課題になると思われるのは寝たきりになる原因第2位の認知症です。
この認知症についても、歯との関係についていろいろな報告があります。

私たちの矯正歯科
矯正歯科の特徴

診療科目を矯正歯科治療にも特化しているため、就学前の小さなお子様から歯ぐきが健康であればシルバー世代まで、幅広い年齢の方に高度で専門的な矯正歯科治療を受けていただくことができます。
また当院では、健康保険が適用される矯正歯科治療もおこなっています。
お子様やご自身の歯並び、口元、咬み合わせ、あごの関節について、気になることがありましたら、矯正歯科担当医にまずはご相談ください。

豊富な経験と確かな実績

歯の矯正治療は、人間の遺伝子に逆らって顎骨に力を加えて吸収と添加を繰り返して、歯並びを矯正します。力をかけすぎると歯根が短くなってしまったり、歯が脱臼、もしくは歯並びはよくなったけど隙間ができるというトラブルが発生することもあります。
松尾歯科医院では、専門知識・技術のトレーニングを充分に積んだ経験豊富な担当医が治療を行いますので、安心して治療を受けられます。

子どもの矯正
成長を予測しながら

子どもの矯正歯科治療は、永久歯の生えそろった大人と違って、乳歯から永久歯に生えかわり、骨格が成長する過程にあるため、ひとりひとりのお口の中の状況や発達に合わせておこなう必要があります。
そのため、効果的な治療開始の時期、必要性の有無などの判断がとても重要です。
当院では矯正歯科専任の担当医が、お子様の成長発育のタイミングをみて治療に最も効果的な時期をアドバイスさせていただいております。
そして、発育段階にあるお子様の、今後の成長を予測しながら治療をおこないます。
お子様の歯並びで何か気になることがありましたらまずはご相談ください。

発育に応じて

子どもの矯正歯科治療は発育に応じて通常、二段階に分けておこないます。
乳歯が生えそろってから永久歯の前歯が生え変わる頃におこなう治療を「第I期治療」、すべての永久歯が生えそろってからおこなう治療を「第II期治療」といい、いつの段階で治療を始めるべきかはお子様によって個人差があります。
とはいうもののも、きちんとした見通しをつけずに、長期間だらだらと治療を続けることは、お子様にとってもご家族にとっても大きな負担になります。
当院では、お子様に対していつ、なんの目的で、どのような治療をするべきか、治療目標を明確にした、最も効率よくおこなえる治療方法を、お子様、そして御家族とよく話し合いながら進めるようにしています。

大人の矯正
もう遅い?

子どもの頃からもともと歯並びが悪いことは知っていたけど、ずっとそのまま放置していた。
でも社会人になって、あるいは結婚を考えるようになって、やっぱり歯並びと口元が気になりだした、という方は実際とても多いです。
しかしながら、「成人矯正だと歯が動かなくて時間がかかるので費用が高い」「装置が目立つため仕事に支障をきたすのでは」「矯正歯科治療は子どもの頃にするもので大人は治りにくい」等の誤解を生むような情報で、一歩を踏み出せずにいませんか?
ご安心ください。当院では、患者様一人一人の事情に合わせて治療計画を立案しています。
そして成人矯正を受けられた方は、皆さん計画通りに治療を終了されています。

知っておきたいこと

成人の場合、特に女性は8~9割もの方が顎の関節やその周囲に何らかの症状を有しています。
顎関節そのものでは音がする、だるい、疲れやすい、痛いなどの症状があります。
また顎関節の不具合によって口が開けづらい、歯ぎしりをするなどの症状も現れます。
それらは歯並びの矯正だけでは改善されず、逆に症状を悪化させることにもなりかねません。
当院では成人矯正の場合、歯並びだけでなく顎関節も精密な検査をし、症状によっては顎関節の位置を適正なポジションに修正する「スプリント治療」をおこなった上で、矯正歯科治療に入ります。

基本的に歯は何歳になっても動きます。当院では学生や社会人はもちろん、40代、50代、さらに年齢を重ねられた方でも矯正歯科治療を始められ美しい笑顔と歯並びを手に入れられた方々がたくさんいらっしゃいます。
いくつになってもすこやかで美しい笑顔は魅力的なものです。
当院では無理なく治療していたけるよう、個々の患者様のライフスタイルや歯並びの状態に合わせて矯正装置を選択しています。

私たちの矯正歯科
矯正歯科の特徴

診療科目を矯正歯科治療にも特化しているため、就学前の小さなお子様から歯ぐきが健康であればシルバー世代まで、幅広い年齢の方に高度で専門的な矯正歯科治療を受けていただくことができます。
また当院では、健康保険が適用される矯正歯科治療もおこなっています。
お子様やご自身の歯並び、口元、咬み合わせ、あごの関節について、気になることがありましたら、矯正歯科担当医にまずはご相談ください。

豊富な経験と確かな実績

歯の矯正治療は、人間の遺伝子に逆らって顎骨に力を加えて吸収と添加を繰り返して、歯並びを矯正します。力をかけすぎると歯根が短くなってしまったり、歯が脱臼、もしくは歯並びはよくなったけど隙間ができるというトラブルが発生することもあります。
松尾歯科医院では、専門知識・技術のトレーニングを充分に積んだ経験豊富な担当医が治療を行いますので、安心して治療を受けられます。

子どもの矯正
成長を予測しながら

子どもの矯正歯科治療は、永久歯の生えそろった大人と違って、乳歯から永久歯に生えかわり、骨格が成長する過程にあるため、ひとりひとりのお口の中の状況や発達に合わせておこなう必要があります。
そのため、効果的な治療開始の時期、必要性の有無などの判断がとても重要です。
当院では矯正歯科専任の担当医が、お子様の成長発育のタイミングをみて治療に最も効果的な時期をアドバイスさせていただいております。
そして、発育段階にあるお子様の、今後の成長を予測しながら治療をおこないます。
お子様の歯並びで何か気になることがありましたらまずはご相談ください。

発育に応じて

子どもの矯正歯科治療は発育に応じて通常、二段階に分けておこないます。
乳歯が生えそろってから永久歯の前歯が生え変わる頃におこなう治療を「第I期治療」、すべての永久歯が生えそろってからおこなう治療を「第II期治療」といい、いつの段階で治療を始めるべきかはお子様によって個人差があります。
とはいうもののも、きちんとした見通しをつけずに、長期間だらだらと治療を続けることは、お子様にとってもご家族にとっても大きな負担になります。
当院では、お子様に対していつ、なんの目的で、どのような治療をするべきか、治療目標を明確にした、最も効率よくおこなえる治療方法を、お子様、そして御家族とよく話し合いながら進めるようにしています。

大人の矯正
もう遅い?

子どもの頃からもともと歯並びが悪いことは知っていたけど、ずっとそのまま放置していた。
でも社会人になって、あるいは結婚を考えるようになって、やっぱり歯並びと口元が気になりだした、という方は実際とても多いです。
しかしながら、「成人矯正だと歯が動かなくて時間がかかるので費用が高い」「装置が目立つため仕事に支障をきたすのでは」「矯正歯科治療は子どもの頃にするもので大人は治りにくい」等の誤解を生むような情報で、一歩を踏み出せずにいませんか?
ご安心ください。当院では、患者様一人一人の事情に合わせて治療計画を立案しています。
そして成人矯正を受けられた方は、皆さん計画通りに治療を終了されています。

知っておきたいこと

成人の場合、特に女性は8~9割もの方が顎の関節やその周囲に何らかの症状を有しています。
顎関節そのものでは音がする、だるい、疲れやすい、痛いなどの症状があります。
また顎関節の不具合によって口が開けづらい、歯ぎしりをするなどの症状も現れます。
それらは歯並びの矯正だけでは改善されず、逆に症状を悪化させることにもなりかねません。
当院では成人矯正の場合、歯並びだけでなく顎関節も精密な検査をし、症状によっては顎関節の位置を適正なポジションに修正する「スプリント治療」をおこなった上で、矯正歯科治療に入ります。

基本的に歯は何歳になっても動きます。当院では学生や社会人はもちろん、40代、50代、さらに年齢を重ねられた方でも矯正歯科治療を始められ美しい笑顔と歯並びを手に入れられた方々がたくさんいらっしゃいます。
いくつになってもすこやかで美しい笑顔は魅力的なものです。
当院では無理なく治療していたけるよう、個々の患者様のライフスタイルや歯並びの状態に合わせて矯正装置を選択しています。

鹿児島市・沖永良部の皆さまへ

松尾歯科医院は、1991年 平成3年、鹿児島県沖永良部島知名町で開院しました。規模拡大に伴い、平成29年11月、鹿児島市加治屋町の地に増院し、最新の機器を導入し、また快適な空間で治療を受けていただくため、個室診療室もご用意いたしました。増院を経て、今日まで数多くの患者様にご来院いただいております。
現在では、お口の中の環境を改善することで、介護、認知症にならずに、充実したシニアライフが送れることも分りはじめました。
我々歯科医師の仕事は、健康および健康寿命に関して多大な関わりを持てる重要なものであると認識しております。

不幸にして歯が無くなったら、インプラント治療や入れ歯を入れることにより、咬めるようにする。

歯科疾患の予防やそしゃく機能の改善を目的に矯正歯科をする。
しっかり咬むことができれば健康への第一歩です。
まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。
当院では、歯やお口の健康を守ることにより、介護にならずに生活ができる(健康寿命の)期間を延ばすことを目的として、スタッフ一同日々研鑽に努めてまいります。