顎関節症

顎関節症とは

口を大きく開けようとすると顎関節や顎を動かす筋肉が痛む、あるいは十分には大きく口を開かない。または口の開け閉めの時に顎関節から音が鳴るという症状がでます。
一生の間、二人に一人は経験すると言われているほど多くの方が経験します。
症状が音だけであった場合、これは首を回したり、肩を動かして音が出るという状況と同じようなものです。ですが顎関節の場合、耳のすぐ隣にあるために音が気になるという人がいます。しかしこの音を消すためには手術が必要になることから、世界的には「音だけであるなら手術すべきではなく、治療する必要はない」とされています。
ですから顎関節症の症状が始まったとしても、痛みや口の開けにくさが一時的だったとか、音だけで他の症状がなければ治療の必要はないかもしれません。
ちなみに、音だけであれば最低でも人口の20%近くの人は顎関節の音を持つとされています。
また顎関節や顎を動かす筋肉の痛み、あるいは顎関節症による口の開けにくさで、実際に治療が必要になる人は症状を自覚した人の中の5%程度と推定されています。

顎関節症の症状
  • 顎を動かしにくくなって、口を大きく開ける事ができなくなる
  • 口を開け閉めする時に“カクン”“シャリシャリ”などの音がする
  • 口を開けると顎や耳の穴のすぐ脇にある関節が痛む
  • 食べ物がよく噛めなくなる
  • 顎の周辺やこめかみなどが痛む
  • 首や肩がこる

正常な人は口に指3本分が縦に入りますが、開口障害の場合は2本程度もしくはそれ以下しか入りません。
顎の関節や筋肉に問題があると、顎の動きに変化が生じて噛み合わせが変わることがあります。

顎関節症 チェックリスト
  • 食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる
  • あごを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、とくに痛みを感じる
  • 耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる
  • 大きなあくびや、りんごの丸かじりができない
  • ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなることがある
  • 人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れることができない
  • 口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする
  • 最近、あごや頸部、頭などを打ったことがある
  • 最近、かみ合わせが変わったと感じる
  • 頭痛や肩こりがよくする

当てはまる症状がある場合には、顎関節症が疑われます。

マウスピース治療

マウスピース治療(=スプリント療法)とは、透明なマウスピースを装着することで顎の位置と噛み合わせを正しい位置に誘導する治療法です。
一般的には、噛み合わせ治療を行う前に、このスプリント療法を行うことがほとんどです。
噛み合わせ治療の場合、特に、一度歯を削ってしまったら元に戻すことは出来ませんが、マウスピースの場合は合わなかったら外せば済むものなので、やり直しがきくというのが主な理由です。
また、歯ぎしりや食いしばりがある方の場合も、マウスピースを装着することで、ご自身の歯をすり減らしたり、負担をかけたりせずに済むこともメリットと言えるでしょう。
ただし、マウスピースによる治療は顎関節症の原因を解決するわけではありませんので、根本的な改善というよりも、症状を悪化させないために行う場合がほとんどです。

ボツリヌス菌注射

ボ ツリヌス菌注射を行うと筋肉の緊張をほぐすことが可能です。
顎関節症でアゴが開かなくなった方にボツリヌス菌注射をすると簡単に開きやすくなるのです。筋肉の緊張によって起こった顎関節症の治療にはうってつけの治療法で、緊張した筋肉をほぐし、筋肉をやわらかくしてあげることができます。
硬くなった筋肉はなかなか思うように変化してくれません。
マウスピース治療を行う際に、まず、このボツリヌス菌治療を併用して行い、筋肉をやわらかく、細くしてあげることにより、より早く、大きな治療効果が得られるケースが多いです。

ボツリヌス菌注射金額(税抜き)
顎関節症改善65,000円 / 1回
顎関節症とは

口を大きく開けようとすると顎関節や顎を動かす筋肉が痛む、あるいは十分には大きく口を開かない。または口の開け閉めの時に顎関節から音が鳴るという症状がでます。
一生の間、二人に一人は経験すると言われているほど多くの方が経験します。
症状が音だけであった場合、これは首を回したり、肩を動かして音が出るという状況と同じようなものです。ですが顎関節の場合、耳のすぐ隣にあるために音が気になるという人がいます。しかしこの音を消すためには手術が必要になることから、世界的には「音だけであるなら手術すべきではなく、治療する必要はない」とされています。
ですから顎関節症の症状が始まったとしても、痛みや口の開けにくさが一時的だったとか、音だけで他の症状がなければ治療の必要はないかもしれません。
ちなみに、音だけであれば最低でも人口の20%近くの人は顎関節の音を持つとされています。
また顎関節や顎を動かす筋肉の痛み、あるいは顎関節症による口の開けにくさで、実際に治療が必要になる人は症状を自覚した人の中の5%程度と推定されています。

顎関節症の症状
  • 顎を動かしにくくなって、口を大きく開ける事ができなくなる
  • 口を開け閉めする時に“カクン”“シャリシャリ”などの音がする
  • 口を開けると顎や耳の穴のすぐ脇にある関節が痛む
  • 食べ物がよく噛めなくなる
  • 顎の周辺やこめかみなどが痛む
  • 首や肩がこる

正常な人は口に指3本分が縦に入りますが、開口障害の場合は2本程度もしくはそれ以下しか入りません。
顎の関節や筋肉に問題があると、顎の動きに変化が生じて噛み合わせが変わることがあります。

顎関節症 チェックリスト
  • 食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる
  • あごを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、とくに痛みを感じる
  • 耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる
  • 大きなあくびや、りんごの丸かじりができない
  • ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなることがある
  • 人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れることができない
  • 口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする
  • 最近、あごや頸部、頭などを打ったことがある
  • 最近、かみ合わせが変わったと感じる
  • 頭痛や肩こりがよくする

当てはまる症状がある場合には、顎関節症が疑われます。

マウスピース治療

マウスピース治療(=スプリント療法)とは、透明なマウスピースを装着することで顎の位置と噛み合わせを正しい位置に誘導する治療法です。
一般的には、噛み合わせ治療を行う前に、このスプリント療法を行うことがほとんどです。
噛み合わせ治療の場合、特に、一度歯を削ってしまったら元に戻すことは出来ませんが、マウスピースの場合は合わなかったら外せば済むものなので、やり直しがきくというのが主な理由です。
また、歯ぎしりや食いしばりがある方の場合も、マウスピースを装着することで、ご自身の歯をすり減らしたり、負担をかけたりせずに済むこともメリットと言えるでしょう。
ただし、マウスピースによる治療は顎関節症の原因を解決するわけではありませんので、根本的な改善というよりも、症状を悪化させないために行う場合がほとんどです。

ボツリヌス菌注射

ボ ツリヌス菌注射を行うと筋肉の緊張をほぐすことが可能です。
顎関節症でアゴが開かなくなった方にボツリヌス菌注射をすると簡単に開きやすくなるのです。筋肉の緊張によって起こった顎関節症の治療にはうってつけの治療法で、緊張した筋肉をほぐし、筋肉をやわらかくしてあげることができます。
硬くなった筋肉はなかなか思うように変化してくれません。
マウスピース治療を行う際に、まず、このボツリヌス菌治療を併用して行い、筋肉をやわらかく、細くしてあげることにより、より早く、大きな治療効果が得られるケースが多いです。

鹿児島市・沖永良部の皆さまへ

松尾歯科医院は、1991年 平成3年、鹿児島県沖永良部島知名町で開院しました。規模拡大に伴い、平成29年11月、鹿児島市加治屋町の地に増院し、最新の機器を導入し、また快適な空間で治療を受けていただくため、個室診療室もご用意いたしました。増院を経て、今日まで数多くの患者様にご来院いただいております。
現在では、お口の中の環境を改善することで、介護、認知症にならずに、充実したシニアライフが送れることも分りはじめました。
我々歯科医師の仕事は、健康および健康寿命に関して多大な関わりを持てる重要なものであると認識しております。

不幸にして歯が無くなったら、インプラント治療や入れ歯を入れることにより、咬めるようにする。

歯科疾患の予防やそしゃく機能の改善を目的に矯正歯科をする。
しっかり咬むことができれば健康への第一歩です。
まずしっかり咬んで、美味しく食事をいただき、健康で長生きする人生を目指しましょう。
当院では、歯やお口の健康を守ることにより、介護にならずに生活ができる(健康寿命の)期間を延ばすことを目的として、スタッフ一同日々研鑽に努めてまいります。