マイクロスコープによる精密治療
blog44

マイクロスコープとは日本語で顕微鏡のことです。
マイクロスコープを使用することで、人工の歯の縁(マージン)を高倍率で確認することが可能になります。
歯質と人工の歯の境目に隙間ができていると、そこから細菌が侵入し、虫歯の原因となります。
虫歯が再発してしまうと、折角入れたセラミックの被せものも外して、新しい補綴物をまた制作しなければならなくなります。
そのような被せものの境目は、肉眼ではスムーズに見えても、拡大して確認するとその縁(マージン)はガタガタになっています。
拡大視野下で滑らかな境目を形成することにより、精度が高く隙間がない、細菌の侵入しにくい治療が行えます。
マイクロスコープは、高額で操作にも特別な訓練が必要となるため、日本ではまだまだ導入している歯科医院が少ない医療機器です。
それでも当院が拡大視野下での精密治療にこだわるのは、美しさを追求するあまり持続性や機能性を無視してしまうことなく、審美治療の専門家として「いつまでも美しいセラミック治療」を追求するという当院のポリシーがあるからです。

Related Posts