最短で歯を白くする
blog54

虫歯などで歯の一部が失われてしまった場合、その部分を詰め物や被せ物で補います。
以前は銀などの金属が用いられることがほとんどでしたが、金属部分が目立ってしまうという審美的な問題がありました。
そこで、歯と同じ白い材料で治療したいというニーズが高まりました。
審美補綴治療とは、詰め物や被せ物、差し歯の素材に『セラミック』(陶材)をメインに、白い材料を使用する審美治療です。

さらに私たちはコンピューター制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステム「セレック」を導入しております。
コンピューターを使って修復物を製作するので、歯型を取ることがありません。
最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、コンピューターの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。
当院でのセレック治療は最短で当日、来院している患者さんの概ねは翌日に白い歯をセットして帰られる方が多いです。

金属ではなく歯と同じ白い材料なので、美しく自然な仕上がりになります。
ぜひ一度、当院にご相談ください。

Related Posts