マウスピース矯正の光学スキャニング
blog67

インビザラインを作製するためには、歯型を採取することが必要です。
この歯型をより精密に採取するために、当院では「iTero」(アイテロ)と呼ばれる光学3Dカメラによる型どりシステムを導入しています。
精密な型どりは、治療計画に沿ったインビザラインを作製するうえで不可欠な工程です。
従来はシリコンで歯型を採取していましたが、これでは、シリコンが固まるまで時間がかかる、嘔吐反射がある患者さまが苦痛を感じるなど、デメリットがありました。
iTeroはそうした問題点を改善する、新しい医療用機器です。
さらに当院では最新のiTero 2を導入しております。

iTeroは歯型のイメージを立体化して取り込むので、より精細に、かつスピーディーに歯型の作製が可能です。
歯型を取り込むのに、上下の顎をすべてスキャンしても短時間で済みます。
従来のシリコンによる採取では、固まるまで10分近くかかっていたので、患者さまの苦痛が大幅に減りました。
また、光学3Dカメラによる型どりは、手動で行なっていたシリコンでの型どりより、精細なデータを取得できます。そのため、マウスピースもより治療計画に合ったものを作製できるようになりました。
矯正治療に必要なデータをより早く取り揃えることができるので、治療期間の短縮化にも貢献しています。

Related Posts