歯が失われた場合の治療法
blog59

健康寿命を延ばすという観点で考えますと、やはり一番適しているのは「インプラント治療」です。
インプラント治療の場合は神経伝達は絶たれていますが、骨結合(オッセオインテグレーション)をしているため、衝撃と振動が脳にしっかりと伝わります。
次は「入れ歯」と「ブリッジ治療」となる訳ですが、いずれも脳へ、ある程度の刺激が伝わりますから少し安心なのですが、両隣の歯に負担をかけてしまい、10年後に最悪両隣の歯まで抜歯してしまう事にもなりかねません。
しかし何よりも危険なことは、歯を抜いて、そのまま放置しておくことです。認知症リスクの増加、隣の歯の崩壊といった危険性は、放置した経過とともに高まります。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts