歯科衛生士さん
blog67

歯科医院に携わる仕事にはいろいろありますが、今回は歯科衛生士さんを紹介します。
歯科衛生士とは、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職です。
仕事の内容は様々ありますが、専門性の高い知識・技術を必要とします。

①歯科予防処置
歯を失う原因の90%が虫歯と歯周病です。
これらを予防することができれば、自分の歯を一生保つことが出来る可能性が高いです。
予防する処置としてフッ化物塗布などの薬物塗布、歯垢(プラーク)や歯石などの口腔内の汚れを専門的に除去する機械的歯面清掃などで、歯科衛生士はこのような歯科予防処置の専門家なのです。

② 歯科診療の補助
歯科診療は歯科医師を中心としたチーム医療です。
その中で歯科衛生士は歯科医師の診療を補助するとともに、歯科医師の指示をうけて歯科治療の一部を担当するなど、歯科医師との協働で診療にあたり、歯科診療を円滑に行うために大切な役割を果たしています。
また、患者さんとのコミュニケーションにも配慮し、リラックスして診療を受けられる雰囲気作りにも貢献するとても重要な役割なのです。

③ 歯科保健指導
虫歯や歯周病は生活習慣病です。
そのため、治療よりも予防、さらに本人自らが生活習慣を改善することが大切であり、正しい生活習慣やセルフケアを実行するための専門的な支援・指導が不可欠です。
歯磨き指導を中心とした歯口清掃法の指導はセルフケアのスキルアップを専門的に支援する大切な歯科衛生士の役割です。
さらに最近では、食べ物の食べ方や噛み方を通した食育支援、高齢者や要介護者の咀嚼や飲み込み力を強くする摂食・嚥下機能訓練も新たな歯科保健指導の分野として注目されています。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts