歯周病と生活習慣病
blog34

健康診断で高血糖、高血圧、高脂血症、肥満などを指摘されたことのある方はいらっしゃいませんか?
数値が軽くても、これらは相互にからみあって糖尿病や心臓病などの生活習慣病のリスクを何倍にも高めてしまいます。
こうした生活習慣病のメカニズムに歯周病が影響していることが様々な報告で明らかになってきました。
歯周病を全身との関わりで考えることは、歯周病の予防、生活習慣病の予防、双方にとって重要であると言えます。

歯周病菌がからだのさまざまな病気に影響していることがわかってきています。中でも、とくに注目を集めているのが生活習慣病との関係です。歯周病予防が生活習慣病を防ぐことにつながります。

食生活において、よく噛んで食べることは肥満防止につながることがわかっています。
歯周病予防に心掛け、丈夫な歯で規則正しい食事をして、間食を減らし、よく噛んで食べることが大切です。
日頃の様々な習慣を意識することで大きく改善できることがあります。
続けていきましょう。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts