白い歯 - オールセラミック
blog43

虫歯などで歯を削ったときに、その部分を補うために差し歯や被せ物(クラウン)を装着します。
このとき、内側に金属が使われているものは、歯そのものは白くても特有の黒い影ができたり、クラウンとの境目に歯肉の変色などが起ってしまいます。
歯すべてを「白い」材料で治療したいというニーズに応えるのがオールセラミック。
通常の虫歯治療などに「美しさ」という価値をプラスし、天然歯と変わらない色と質感を実現します。

オールセラミックは、内側に金属が使われているものと比べて、多くのメリットがあります。

・光を透過するので、自然で暖かみのある質感となり、高い審美性が得られる
・歯肉が下がることによる金属露出や、金属イオンの影響による歯肉変色がない
・金属アレルギーの方も安心して選べる
・歯の大きさそのものを比較的薄く小さくつくることができる

こうしたメリットにより、金属アレルギーの方はもちろん、小さくつくれることから思春期のお子さん方にもおすすめできます。
オールセラミックの白く美しく自然な歯で、そして輝く笑顔で、すばらしい青春時代を過ごしてほしいものです。
ただし、オールセラミックは自由診療になりますので、治療費は高価なものになります。
よくご相談した上で、患者様のご希望に合った治療をご提案いたします。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts