タバコと歯周病
blog14-1
それでも続けますか?

喫煙者の方が肺がんになりやすいとか、ニコチンの影響で肌が荒れたりなど、たばこが健康によくないことは、よくご存知だと思います。
しかし、たばこが歯や歯肉にも悪影響を及ぼすことを知っている人は意外と少ないようです。
たばこを吸わない人に比べて三倍も歯周病にかかりやすく、また、二倍も多く歯が抜けているというデータがあります。
ニコチンにより血管の収縮が起こり、血液の流れが悪くなります。
このため、歯肉に栄養が十分行かなくなり、色が悪くなるだけでなく、ごつごつした硬い歯肉になってしまいます。
細菌と闘う白血球の機能も喫煙により半分に低下します。
これでは歯肉もたまりません。歯周病の治りも悪くなり、再発もしやすくなります。
また、特に怖いのは、口の中にできるがん「口腔(くう)がん」。
毎日たばこを吸っている人は、吸わない人に比べて二倍以上も口腔がんにかかりやすくなります。
これまでに喫煙した総本数が少なければ少ないほど、発生の危険が減ります。
禁煙は、お早めに。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts