どうして歯並びが悪くなるの?
blog62
知っておきたい”歯並び”のこと

どうして歯並びが悪くなるのでしょう。原因は遺伝的なものから、生活習慣など様々です。お子さんの成長時期、歯も動きやすいため、歯並びが悪くなりやすい状態にあります。日々の生活で気をつけてあげられることも沢山ありますので、きちんと永久歯が生えるように、見ていてあげましょう。

悪い歯並びが起こる原因

・遺 伝
歯の大きさや本数は遺伝によって決まっています。永久歯が足りない、あるいは多いう人は、早目の治療が必要になる場合もあります。

・食べ方
やわらかいものばかりを食べるような食生活をしていると、アゴが十分に発達せず、その結果、歯の大きさとのバランスが悪くなり、凸凹ができやすくなります。

・癖
唾を飲む時に舌を突き出したり、指や爪を噛んだりする癖を続けていると、前歯がかみ合わなくなることがあります

・乳歯の虫歯
むし歯や他の原因によって、DやEが早期に喪失すると、6歳臼歯が、本来の位置より手前に生えてきてしまうため、凹凸ができやすくなります

・病気
幼児期に大きな病気をしたりすると、歯の一部に形成不全が起こることもあります

・口呼吸
正常な呼吸の方法は鼻呼吸ですが、口呼吸を続けていると口の中が乾燥して、病原菌に対する抵抗力が弱まるだけでなく、顔面の発育・成長にも悪影響を及ぼします。バランスのとれた顔面の成長に、鼻呼吸は欠かせません。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts