コーヒーで口腔ガン予防
blog59
ほっと一息

ゆったりとコーヒー飲むひと時は、最高の贅沢な時間です。
昔から多くの人々に愛されているコーヒーですが、同時に私達の身体にとっても有益な効能があります。
コーヒーに含まれているクロロゲン酸、およびカフェー酸はガン発生を抑える作用が大きいことは良く知られています。
これまでに胃がんをはじめ肝臓がん大腸がんなどで発症リスクを抑える効果があるとされておりましたが、新たに口腔ガン、咽頭ガンに対しても効果があると報告されました。

医学誌「アメリカン ジャーナル オブ エピディミオロジー」に掲載された東北大学の研究チームの発表によると、同チームは40代から60代の男女約4万人に対し13年間の追跡調査を実施しました。
コーヒーを飲む量によって対象を4つの郡に分けて口腔がん、咽頭がん、食道がんの発症リスクを比較した。
その結果コーヒーを飲まないと答えた人の口腔、咽頭、食道全て合わせたガンの発症リスクを1とすると「時々飲む」と答えた人の相対的リスクは0.54「1日一杯以上飲む」と答えた人では0.51だった
コーヒーを飲まない郡と比べてコーヒーを飲む群の口腔がん、咽頭がん、食道がんの発症リスクは5割程度低いことが判明したのです。
飲酒や喫煙は口腔がん、咽頭がん、食道がんの強い危険因子だと考えられておりますが、アルコール消費者と喫煙者の間でもコーヒーを飲む人では発症リスクが低くなることが示されています。

基本的には身体に良い成分が多く含まれるコーヒーではありますが、カフェインやタンニンなどの成分により消化性胃潰瘍や貧血などを助長する働きもあります。
飲みすぎも身体には良くないことを知って、よりコーヒーを楽しんでいただければと思います。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts