歯と運動の関係
blog53
噛む力は動く力、生きる力

野球やアメフト、ラグビー選手などの一流アスリートは歯のケアをとても大切にしています。
それは歯をしっかり噛みしめることで、普段より大きな力が発揮できるからと言われています。

噛むために必要なのはアゴの筋肉だけではありません。
首筋、胸、背中にある12種類の筋肉を動かします。
歯をしっかり噛みしめると、身体に力が入り、重いものでも持ち上げられるようになります。
反対に体を鍛えると咀嚼力(噛む力)が高まるという研究データもあります。
逆に歯がなくなってしまうと、身体のバランス感覚の低下を招くとも言われています。

まだ因果関係は明らかにされていませんが、義歯(入れ歯)を入れていると歩幅が広く、歩く速さも早くなってリズムも安定するのですが、義歯をしていない時は歩くのに悪影響があり、転びやすくなると言われています。

高齢になってしまっても活発に過ごして若さを保つためには歯が必要です。
噛むのに困っている方、お気軽にご相談ください。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts