よく噛んで食事を楽しみましょう
blog50
よく噛むってすばらしい

よく噛むことの効能は、脳の活性化にあります。

①脳の血流量の増加

よく噛んで食べると、脳の血流量が増加することがわかっています。
特に脳の神経の中の満腹中枢、味覚中枢、海馬(記憶に関与)、扁桃体(嗅覚やストレスにかかわる)、室傍核(自律神経の中枢)などが活性化していることが確かめられています。
特に、高齢者の方において咀嚼による効果が高いことが分かっている。
つまり、よく噛むことで肥満を防止でき、記憶力を良くし、ストレスが解消されて心が安定する効果が期待できるという事です。

②認知症を防ぐ

記憶の形成にかかわる脳の神経の一部である海馬は、誰しも加齢とともに萎縮します。
加齢とともに記憶力が低下するのは自然な現象ですが、海馬の神経細胞は鍛えれば増加することがわかってきています。
噛むことで脳への血流が増して、大脳辺縁系や海馬が活性化されることがわかっており、咬むことが認知症の予防に繋がるのです。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts