いろいろな矯正治療
blog39
自分に合った治療法を

「矯正装置」というと、ギラギラした大きな金属が歯についている様子を思い浮かべる人もいるでしょう。 「もっと快適に治療したい」という患者様の声に応えて、矯正装置の開発は進み、現在は、目立たない装置や見えない装置など、いろいろな治療法が誕生しています。
装置の種類によって、特徴やメリット・デメリットが違います。あなたの歯並びやライフスタイルに合った矯正装置を見つけましょう。

一般矯正

歯の表側に接着する装置で、金属製のブラケットです。矯正治療と聞いて多くの人が想像するのが、この金属製のブラケットではないでしょうか。
金属製のブラケット(矯正装置)を歯の表側に接着剤で装着してワイヤーを通し、ワイヤーの弾力で歯を移動させます。最も一般的な矯正治療です。ブラケットが金属製なので薄くても頑丈で、効率よく歯を移動させることができます。

審美ブラケット矯正

白や透明色の目立たない色のブラケットを審美ブラケットといいます。金属ブラケットよりも目立ちませんが、表側につけるので、装置自体は見えます。
一般矯正と同様にワイヤーの弾力で歯並びを整える矯正治療です。
ブラケットが白いため、歯の表側に装着しても歯の色に馴染んで目立ちにくいのが特長です。

裏側矯正

歯の裏側に装着するブラケットです。
他の矯正治療よりも費用は高くなってしまいますが、表からは見えないので、周囲の人から気付かれずに治療できます。特殊な装置なので歯科医師の経験が必要です。
人と接する機会が多い仕事をされている方など、口元の審美性を重要視する方が選択されることが多い治療方法です。

マウスピース矯正

ワイヤーやブラケットを使わず、透明で薄いマウスピース型の装置を用いて歯を動かします。装置は自分で取り外し可能です。
マウスピースは歯並びの段階に合わせたものを二週間に一度のペースで交換し、少しずつ歯を移動させていきます。ワイヤーやブラケットを使用する矯正装置と違い、指定された装着時間を守らないと治療の結果に影響を及ぼすことがあります。
金属を一切使用しないため、金属アレルギーをお持ちの方でも安心です。
また、ホワイトニングも同時に行なうこともできます。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts