矯正治療の抜歯について
blog29
顎が小さく、歯が大きい傾向に

最近の子どもはあごの骨が小さくなってきています。それに対して、歯の大きさはあごに対して大きくなってきているのです。そのため小さなあごの中にきちんと歯が並ばずに、並列する「二重歯列」が増えています。

二重歯列とは、おもに前歯部分がデコボコになっていて、歯が二列に並んでいる異常のことです。「二重前歯」や「叢生(そうせい)」ともいわれています。また、乳歯が完全に抜けずにそのまま残ってしまうことで、永久歯といっしょに並んでしまうことがまれにあります。これも二重歯列とよばれるものです。

閉じているときにはわかりませんが、口を大きくあけたときや笑ったときに目立ちます。小さいころにからかわれたり、人から指摘されたりしてコンプレックスに思う人もいます。自分では対処法がわからず放置していることも多いようです。

なるべく抜かない治療を検討します

基本的に矯正治療をしながら歯並びを改善していきます。矯正治療の前に確認するのが以下のポイントです。

  • あごのなかに歯が並べられるか
  • 歯を並べたときに口元が出てしまわないか
  • 治療後に下あごと上あごがしっかり噛みあうか
  • 歯のサイドをほんの少しずつ削れば大丈夫か
  • ミニインプラントなどで後ろに牽引しスペースを造れるか
抜歯が必要なこともある

患者さんによっては、治療するために抜歯が必要な場合もあります。たとえば、以下のようなケースは抜歯の可能性が高いです。

  • あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪い
  • 歯を並べられる十分なスペースがない
  • 歯を並べると口元が出てしまう(もしくは元々口元が出ている)
  • 歯を並べると上下の噛みあわせがうまくいかない

あごが小さい、歯が大きいなど「あごと歯のバランスが悪い」ときにはスペースをつくるために抜歯することもあります。ただ、抜歯をする歯はどの歯でもよいわけではなく、虫歯や状態の悪い歯などが優先的に抜かれます。

抜く場合は必ず患者様の了解を得ます

抜歯をしないとどうしても輪郭が崩れてしまう場合もあります。
しかし、どんなに抜いた方が良いと私が判断したとしても勝手に抜歯をしてしまう場合は絶対にありません。
最近歯科医院の不祥事がよくワイドショーや新聞・雑誌をにぎわせてしまっておりますが、私たちは必ず患者様からの同意をいただかなければ抜歯や歯を削る行為は行いません。
ご納得いただいた場合のみ抜歯を行います。

松尾歯科医院 鹿児島について

Related Posts